*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とある瞬間を、覚えておきたくてブログに書いてます。昨夜、奥さんであるヨッシーが夏の疲れを癒しにマッサージを夜8時半に予約。僕はお客さんが来てたということで、4才と1才の娘の面倒を見ながらとある飲み屋へ。飲み屋で普段愚図らない4才のゆうひが鉄板焼きで早くも人差し指を火傷。愚図り始め、お客さんにも迷惑になるということで外へ連れ出したけど、愚図る愚図る。そんな中、歩きはじめた1才のシーちゃんが突然走り出して自分を止められなくなり、顔からダイブ。アスファルトの上で1回転。それを見た4才のゆうひと僕は一目散(いちもくさん)にしーちゃんのところへ。たった1時間半の中で事故2回。4才のゆうひが小さな頃、階段から落ちたり、火傷をしたりしたことで、奥さんに「きおつけてよ」と言っていたことを思い出しました。1日中、子どもを監視している母親は実はひと時も気がぬけません。人は達成感を味わいたい生き物です、しかし、何をやろうとしても子どもがそれを手伝おうとしたり、ほとんどのことが子どもに妨げられます。そのストレスは計り知れないもの。仕事が忙しくて、たまの休みは自分の好きなことをしたい、男の人だって外に出て生計を立てなければいけないのだからとてつもなくストレスだって半端ない。お互いが、お互いのことをゆっくり、考えていかなければそれはそれは、うまくいかなくなるのは当然。何が言いたいかなどではなく、4才のゆうひが火傷で泣いている1才のしーちゃんが顔面からアスファルトへダイブした時に、火傷の痛みさえも忘れて心配しているゆうひと、体を張ってゆうひの痛みを和らげた1才のしーちゃんに何故か涙が出そうになったのだ。お互いがお互いのためとかではなく、たまたまそうなってしまった結果なのだけど、痛みをみんなで分け合うということをこんな、生まれて間も無い子に教えてもらえたような気がして、心が張り裂けそうな時間をもらえた。ゆうひに、火傷した指を痛くなくしてくれてありがとう~~と言ってあげな!と言ったら、「シーちゃん、ありがとう」と言ったゆうひに泣きそうになりました。お母さんは大変。お父さんも大変。お互いの役割分担をたまにはチェンジしたり、それができなかったら、日々の苦労を自ら聞いてみてあげると、お互いの大変さを理解できるのではないかな~~と思えた貴重な1日となりました。これからも痛いたしい子供の姿を何度も何度も見るのだろうけど、そのたびに子供も大人も成長していかなきゃいけないような気がしています。そして危険な事故がないように親として注意していかなければいけません。


関連記事
スポンサーサイト


この記事へコメントする















★mine★

Author:★mine★
1980年生まれ
O型
いて座 さるどし 
水星人+  黒ひょう
サーフィン暦15年


Special thanks
スポンサー
baguse surf shop

QUIKSILVER

sherbet surfboard


komunity

BOUCHE



自己紹介
20歳の時にサーフィンと出会ってから、サーフィン依存症に。
きっかけは双子の勇海が鵠沼海岸に連れて行ってくれてから。
初めてボードの上に立った瞬間の、感動を超えたくて、今なお、サーフィンに夢中。今はアマチュアで一番になることと、プロになることを、目標に、伊豆下田を拠点に、毎日サーフィンしています。

夢は将来、'' Endless Summer ''をする事!
一人ではなくて大事な仲間たちと行きたい。
 この世にうまれてきたこと、
僕をいつも支え見守ってくれている人、今まで出会ったすべての人に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 そして本当に楽しいのは、これからなんです。
共に人生を楽しみましょう!!!! 

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。