*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


〈家族との絆〉

約2ヶ月のトリップが終わり日本に戻ってきました。

僕が旅立つ前日に4歳のゆうひが、「ゆうひね、パパが帰ってくるのを笑って待ってる」と突然言い出した。
子供は神の子とよく言ったものです。
タイミング、言葉、神掛かってました。…
4歳児ってこんなこと言えちゃうの!?

思わずビックリしたのと、35歳にして情けないが、完全に男泣き。



貴重な歳でもあり1番手のかかる4歳と1歳の2人の娘と奥さんを残し次の日、僕は旅立ちました。

僕がいない間、家族は全員インフルエンザにかかり、過酷な生活をしたそうです。じーじもばーばも両方下田にはいないので、奥さんのヨッシーは2人の子を抱えながら、これまでに無い辛い状況を経験したと思います。



そんな時に一緒ににいてあげられないこと、そばにいれないことはとても複雑でした。


申し訳ない気持ちとどうにもできない状況が入り混じる中、僕は僕でバリ島という場所で地に足をつけて全力で生きること。経験値を増やすこと。お金を増やすこと。

困難な状況があっても家族を思い出すだけで不思議と恐いものはなくなっていった。

1人だけで生きているのではないんだなあ。と改めて感じることができた。

こんなふうにやりたいことをやらせてくれているヨッシーに本当に感謝しています。

だからこそタダでは帰れない。そんな気持ちが良い緊張感と自分を動かす原動力になっていました。

家族の偉大さを痛感することとなりました。


〈インスピレーション〉
もともとインスピレーションは強い方でしたが、この旅でインスピレーションは磨くものだということに気がつきました。

僕なりの見解ですが、もともとインスピレーションは誰もが持っているもの。
潜在意識とリンクしているものだとおもいます。

潜在意識自体は全てうまくいく方向はわかっていますが、普段生活をしていると、なかなか潜在意識自体を意識してないことがほとんど。

潜在意識を意識することから始めると少しづつ意識できるのではないのかな?と学び中です。



その意識からインスピレーションがスパーンとおりやすくなるものではないかな?とも感じています。

もう一つはインスピレーションを強めるのに必要なものはスピードだとおもいます。

パッとインスピレーションがおりたときに即座に迷わず信じて進んだときの自分は想像していた以上の結果が起きる事が多々ありました。
毎日が映画のように奇跡ばかり起きたのです。


シンクロニシティ(引き寄せの法則)など、想いは叶う という言葉をよく聞きますが、自分が思っていること、やりたい事などは、勝手に潜在意識にプログラムされていると思います。


しかし、僕たちは自分の本当にしたいことがあるにも関わらず、日々の習慣や仕事に追われて、潜在意識を無視した状態を余儀なくされます。

よってインスピレーションは降りにくい状態になると思うのです。

できるだけ自分を解放してあげることと、自分のマインドをコントロールできる状態に持っていくことが必要な気がします。


このインスピレーションをさらに磨いていこうと思っています。


まさにインスピレーションは神様からのスルーパスだと思っています。笑


〈nature flow〉
ネイチャーフロウは勝手に僕があみだした言葉です。笑
サーフィンを通じて様々な自然の流れを理解してきました。

自然には自然の流れがあるので、逆らったところで、自然の大いなる力にはもちろん叶いません。

だからいちいち逆らう必要はないとおもうのです。


もともと僕たちも自然の中の流れで生まれてきているので、自然の一部です。

自然は
全て良くなる方向にしか動いてないにも関わらず、人間が手を加えたことによって一部では生態系に影響がでたりだとか、自然が壊れていくことは後々、リスクだけが残ります。

オゾン層の破壊や放射能物質汚染、意味不明な堤防作り、などなど。

自然に逆らって良いことって何かあるでしょうか?


台風が直撃しているときに波が高いからといって波乗りする人はいますか?

波乗りのことや自然を理解せずに
はいる人は中にはきっといるでしょう。

結果は一目瞭然です。

入ったらダメなんです!!!
そういう人は
自然の流れをもろに無視しています。


ネイチャーフロウは
自然との共存だと思っています。


これは誰もが実践してほしいのですが、例えば仕事でやっとのこと、アポのとれていたお客様が突然キャンセルをしてきた。

そのときはどうしても落ち込むとおもいます。
怒りや憎しみさえも覚えるでしょう。インスピレーションなどにも関わってくるものですが、そこに対して怒りや憎しみがあることにより、また同じような負の連鎖が始まります。

これは負のネイチャーフロウが巻き起こっている状態とも言えます。

自然は良くなるほうにしか進んでいないということを前提に考えると、アポをキャンセルしたお客様は、自然の流れでそうなっているので、怒りや憎しみ、落ち込む必要など全くないわけです。

自然の流れは自分にとってベストな状態しか与えないのだから、キャンセルしたお客様が入ろうとしていた時間帯に、もっとベストなお客様がはいることもあるかもしれません。

起きたことを悲観的になるのは逆に危険だとおもいます。

ネイチャーフロウは
自然と良い方向にしか向いてないので逆らわず、進んでいけば必ず良い方向へと導いてくれているものだと僕は信じています。

そうです!自然の流れに身をまかせる

let it beなんです!


僕の言ってる超適当な独り言につきあっていただき、ありがとうございました!!!

バリ島とオーストラリアを旅したことによりたくさんの自分と向き合う楽しい旅ができました!!!

旅をしましょう!!!

でもこれ、共鳴する人、気がついて実践してる人、絶対にいると思う!笑


ミネの1人ゴッツでした〜〜〜 古ッ

スポンサーサイト

とある瞬間を、覚えておきたくてブログに書いてます。昨夜、奥さんであるヨッシーが夏の疲れを癒しにマッサージを夜8時半に予約。僕はお客さんが来てたということで、4才と1才の娘の面倒を見ながらとある飲み屋へ。飲み屋で普段愚図らない4才のゆうひが鉄板焼きで早くも人差し指を火傷。愚図り始め、お客さんにも迷惑になるということで外へ連れ出したけど、愚図る愚図る。そんな中、歩きはじめた1才のシーちゃんが突然走り出して自分を止められなくなり、顔からダイブ。アスファルトの上で1回転。それを見た4才のゆうひと僕は一目散(いちもくさん)にしーちゃんのところへ。たった1時間半の中で事故2回。4才のゆうひが小さな頃、階段から落ちたり、火傷をしたりしたことで、奥さんに「きおつけてよ」と言っていたことを思い出しました。1日中、子どもを監視している母親は実はひと時も気がぬけません。人は達成感を味わいたい生き物です、しかし、何をやろうとしても子どもがそれを手伝おうとしたり、ほとんどのことが子どもに妨げられます。そのストレスは計り知れないもの。仕事が忙しくて、たまの休みは自分の好きなことをしたい、男の人だって外に出て生計を立てなければいけないのだからとてつもなくストレスだって半端ない。お互いが、お互いのことをゆっくり、考えていかなければそれはそれは、うまくいかなくなるのは当然。何が言いたいかなどではなく、4才のゆうひが火傷で泣いている1才のしーちゃんが顔面からアスファルトへダイブした時に、火傷の痛みさえも忘れて心配しているゆうひと、体を張ってゆうひの痛みを和らげた1才のしーちゃんに何故か涙が出そうになったのだ。お互いがお互いのためとかではなく、たまたまそうなってしまった結果なのだけど、痛みをみんなで分け合うということをこんな、生まれて間も無い子に教えてもらえたような気がして、心が張り裂けそうな時間をもらえた。ゆうひに、火傷した指を痛くなくしてくれてありがとう~~と言ってあげな!と言ったら、「シーちゃん、ありがとう」と言ったゆうひに泣きそうになりました。お母さんは大変。お父さんも大変。お互いの役割分担をたまにはチェンジしたり、それができなかったら、日々の苦労を自ら聞いてみてあげると、お互いの大変さを理解できるのではないかな~~と思えた貴重な1日となりました。これからも痛いたしい子供の姿を何度も何度も見るのだろうけど、そのたびに子供も大人も成長していかなきゃいけないような気がしています。そして危険な事故がないように親として注意していかなければいけません。




久しぶりにブログを、更新してます。

生きていくということに必死になってました。

きっと余裕がなくなるほど無我夢中に、生きていたような気がします。

とてつもなく幸せなことだと思います。

6月は奥さんの父親が亡くなり、死というものに対しても深く考えさせられました。

きっと人はこの世に生まれた以上、生きることを全うしなければいけない。

この世を去ることは誰しも必ず起きるもので、今この世で生きていること自体が奇跡とも言えるのではないかなと思います。

生きていくことは簡単じゃない。

時に悔しくて1人でいたい日もある

時に切なくて1人では耐えられない日もある

時に悲しすぎて1人ですすり泣きする日もある



死後の世界はどうなんだろう?

悲しさや楽しさは感じることができるのだろうか?


この世に生まれた人は例外なく何かを感じとることができる。

もともと本能というシステムに組み込まれている。


本能というものに基づいて生きているのはわかりきっているけど、

感じるということは、この世で生きる中で最も満たされていることなのかもしれない。

1歳になったばかりの二女のシーちゃんを外で抱っこしている時に、雨が降ってきました。

僕はとっさに家に戻ろうと歩いていたら、シーちゃんは片手を挙げ手のひらを広げて雨を感じようよとしていたのを見て、ふと気がついたのです。


三つ子の魂という言葉がありますが、3歳まではまだ神様の手の元にいます。

まだ人を憎んだり邪念がない。

感じるままに育っている。


泣きたいときは思いっきり泣き、楽しい時は思いっきり笑う。


悲しさや苦しみは、正直、辛い。

それを楽しもうとか、そういことではなくて、思いっきり生きていることを実感できる瞬間だということだと思いました。

悔しい思いや切ない思い、悲しい思い。
時にそれは、人を思いっきり好きになり愛したから。

時に自分の壁を越えようと、挑戦したから。




物やお金や、目に見えるものに惑わされますが、きっと、本当に満たされるものはそういうものではなくてカタチじゃないものに、居場所を求めているような気がします。



バリ島へ向かう途中のトランジット中のマレーシアから、久しぶりに独り言させていただきました。


まだまだ旅の途中!!!



今日で2014が終わる。もう二度と2014はこない。

毎日が当たり前のように見えるだけで、リハーサルのないぶっつけ本番の毎日。新鮮な気持ちで波乗りに行くように、
波は毎日違うし、自分の人生も毎日違う。今日が12月31日だし、明日は1月1日。それは、僕にとって神様が与えてくれた究極の贅沢なのかもしれない。

一人で生きていくことはできないことを痛感した年。
何をとっても感謝でしかないのに、日常の中にいると、そんなことを忘れてしまいがちになる。しかし、
大きな自信も手に入れることができた年でもある。
それはやっぱり人は人に影響されていて、人との関わり合いや出会いの中で自分というものが形成されている。




今年、お世話になった人へ、心から感謝します。

そして、来年もどうかよろしくお願い致します!!!





最近、いろんなことがクリアになってる。



人とのたいせつな出会いによって、シンプルにクリアになってきた。

さらに自分の好きなことに執着していけば良いと思うようになった。

友達から紹介を受けたのりさん。
考え方や価値観、すごく共鳴した。



自分のやってる生き方に対して、ちょっと不満や迷いがあったときだったけど、この出会いによって、かき消してくれたような気がする。

物が満たされても、人は満足することはないけど、

心が満たされていると、満足できる。


ほとんど人間以外の生き物は自殺なんてしないのに、
人間は自殺をする人が、後を絶たない。

物がこんなに溢れているというのに。…

動物は自然の生き物で、人間は自然から分かれ生き物。

だから自分という字は自然から分かれる。(山崎拓巳CDからの抜粋)

本当の幸せを一言では言えないけど、

僕にとっての幸せは

毎日サーフィンができて、最高な仲間がいて、家族がいて、健康なものを食べて、ときにはジャンクフードだって食べて
歌を歌えて、仲間とセッションして、
たまに海外行っちゃって
ミネハウスに友達が泊まりにきて一緒に飲んで、サーフィンスクールも最高に楽しいし、たまーのサーフショップの店員とか、楽しすぎるし、お世話になりまくった下田大和館への恩返しだってもっともっとしたいし下田大和館大好きだ。



楽しみすぎてて、勝手に罪な感じがしてたけど、

楽しみまくればいいんだ!って再確認した。

自分の人生なんのために生きてるのか考えたときに、


自分の人生、楽しむ気がなかったら、どこで楽しむの?

楽しむことに全力尽くさないと!笑


日本のシステムに洗脳されてる場合じゃないから。


自分の人生を真剣に本気で、楽しみましょうよ!!!










Author:★mine★
1980年生まれ
O型
いて座 さるどし 
水星人+  黒ひょう
サーフィン暦15年


Special thanks
スポンサー
baguse surf shop

QUIKSILVER

sherbet surfboard


komunity

BOUCHE



自己紹介
20歳の時にサーフィンと出会ってから、サーフィン依存症に。
きっかけは双子の勇海が鵠沼海岸に連れて行ってくれてから。
初めてボードの上に立った瞬間の、感動を超えたくて、今なお、サーフィンに夢中。今はアマチュアで一番になることと、プロになることを、目標に、伊豆下田を拠点に、毎日サーフィンしています。

夢は将来、'' Endless Summer ''をする事!
一人ではなくて大事な仲間たちと行きたい。
 この世にうまれてきたこと、
僕をいつも支え見守ってくれている人、今まで出会ったすべての人に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 そして本当に楽しいのは、これからなんです。
共に人生を楽しみましょう!!!! 

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。